Once Bitten,Never Shy~観ないで死ねるか!~

劇場鑑賞作品について言いたい放題。少し毒入り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大統領の理髪師

president.jpg

「ぼくのお父さんは床屋さん。でも、どこにでもいるただの床屋じゃないよ。」
お楽しみ度 ☆☆☆☆☆

 2004年の東京国際映画祭において、最優秀監督賞及び観客賞を受賞したこの作品、1960年代の圧政下の韓国において時代の波に翻弄される市井の人々の姿という、それまであまり語られることのなかった題材を、当時の社会情勢を挟み込みながら彼らに対するとても温かな視線でもって、"家族の絆"というテーマで笑いと涙を交えて描く素晴らしい作品だ。これが初監督作品だとは思えないイム・チャンサン監督の見事な手腕にまずは拍手を送りたい。

 この物語の主役となるのが韓国大統領官邸のある町孝子洞に住む床屋のハンモ。ホントにどこにでもいる小市民で、日々の生活に追われ、時の政府を信じて疑わない。だから不正選挙(あの投票所でのやり取りに思わずクスリとしてしまう)に加担しても、それを特別に悪いことだとは思わないし(開票時(あの風景は日本の選挙でもおなじみ。どこの国でも同じようなものなのかな)に対立候補の投票用紙を袋詰めにして山中に埋めてしまうなんて、なんかありえる話だよなー)、妻ミンジャの妊娠時に政府の"四捨五入"原則を当てはめて出産を説き伏せてみたりする。

 そんな彼が不正選挙後に起こった学生運動(あのとき産気づいたミンジャを病院に連れて行こうとリヤカーに乗せて走る中、負傷した学生たちに医者と間違われて右往左往する姿がなんとも滑稽だ)を切っ掛けとした"4・19革命"、そしてそれに続く"5・16軍事クーデター"を経て成立した新しい大統領政府において大統領の理髪師として登用され(そこでは"ソン室長"としっかり役職名まで付けられて呼ばれるというのが韓国流なのだろうか)、そこから大統領官邸での小さなミスも許されないのではないかという緊張感溢れる日々、そして側近同士の確執に巻き込まれたりもするという日常を送ることになる。そのハンモの姿もまたユーモラスだ。

 さらには、北朝鮮のゲリラ兵の韓国への侵入(このシーンは「シルミド」を思い出した。ちょうど時代的には同じ頃なんだね)をきっかけとした"マルクス病"の流行と、たまたまハンモのひとり息子のナガンが"マルクス病"の症状といわれる下痢を発症してしまい、ナガンが連行されて拷問(というか、このシーンがまた可笑しいんだな)にかけられ、連行されたナガンの身を案じるハンモの姿、大統領側近の確執のおかげで無事に解放されたものの、足が動かなくなったナガンを何とか治そうと奔走するハンモの姿、ここにはひたすら家族のことを思い、行動する等身大の父親としての姿がしっかりと描かれている。

 そして、前述した大統領側近に確執によって発生した大統領暗殺事件(事件の前に大統領がハンモに語る「ソン室長はいつまでも謙虚で変わらない。」という意味合いの言葉が非常に印象的であると同時に、ハンモ本人は素なんだろうけど、その姿が反目を繰り返すふたりの側近と対照的な気がする)、悲しみにくれながら、以前ナガンの足を治してもらおうと訪れた施術師のところで聞いた言葉を頼りに、その大統領の肖像画を削り取るハンモの姿。今まで世話になった大統領の肖像画に傷をつけるという罪悪感とナガンのことを一途に思うその気持ち、彼の心中を察するに、なんとも切ない気持ちがこみ上げてくる(とはいえ、危うく見つかりそうになって、慌ててその削り取ったものをケースに入れて飲み込み、それを排泄しようと踏ん張る姿がまた可笑しいんだけど)。

 そうした紆余曲折を経ながら新しい大統領の下でも理髪師として招かれるハンモであるが、彼が新しい大統領の頭を眺めながら思わず漏らしてしまったセリフ(これは絶対に本音だ!)に思わず拍手(笑)。なんて言うんだろ、初めてお上に楯突いた彼の心意気が感じられると言ったら大袈裟だろうか。ボコボコにされて簀巻きにされようが、なんか彼が仕えていた大統領への想いも同時に感じられたような気がしたんだよね。そして、ナガンとふたりで自転車にまたがるラストシーン。今までは笑いが先に立っていたのに、ここにきてどういうわけか悲しくもないのに涙がドッと溢れてきた。

 それにしても、ハンモを演じるソン・ガンホの圧倒的な存在感はどうだ。ノンポリの、どこにでもいる小市民なんだけど、大統領の理髪師として登用され、様々な物事を見聞きし、彼の中でも何かが変わったかのようなイメージ、それと同時に家族のことを一途に想い、必死に守ろうとするその気持ちの強さ、まさに彼にうってつけの役柄だと思う。そして彼の妻ミンジャを演じるムン・ソリも、出番は決して多くはないものの、肝っ玉母さんぶりが非常に好印象だ。優れた俳優と優れた監督、優れた脚本に彩られた見事な傑作。イム・チャンサン監督の次回作が非常に楽しみだ。惜しむらくは、この時代の韓国の歴史をもっと知っていたら、より一層楽しめたのだろうな~ということ。モチロン、そういった知識がなくともお釣りがくるくらい十二分に楽しめたのだけど。

2005/02/21 @Bunkamura ル・シネマ
スポンサーサイト
  1. 2005/07/16(土) 20:50:21|
  2. movies(た)
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<セルラー | ホーム | マシニスト>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bone01.blog16.fc2.com/tb.php/15-5d941055

「大統領の理髪師」劇場にて

日曜日にファボーレ東宝で『大統領の理髪師』を観てきました。主演は『殺人の追憶』『シュリ』『JSA』の「ソン・ガンホ」、共演に『オアシス』『ペパーミント・キャンディ』『浮気な家族』の「ムン・ソリ」。僕の名は『ナガン』。平凡だが苦労せず長寿になるという(楽安)と
  1. 2005/07/20(水) 19:46:19 |
  2. xina-shinのぷちシネマレビュー?

大統領の理髪師 韓国もヒドイ国だったんだな~。。

●大統領の理髪師を鑑賞。 1960年代の韓国。大統領官邸“青瓦台”のある町、孝子
  1. 2005/08/07(日) 08:29:46 |
  2. Blog・キネマ文化論

mista-bone

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。