Once Bitten,Never Shy~観ないで死ねるか!~

劇場鑑賞作品について言いたい放題。少し毒入り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バットマン ビギンズ

batman.jpg

その男は「闇」から生まれた―。
お楽しみ度 ☆☆☆☆☆

 "バットマン"と聞いてプリンスを思い出す人は、間違いなく30代後半以上。という話はさておき(笑)、過去のバットマン・シリーズとは完全に切り離された、まったく新しい作品として構築されたバットマンの誕生秘話。まさか、ここまでダークに、しかもエンターテインメントしている作品だとは予想だにせず、いい意味で予想を裏切られ、大いに楽しむことができた。

 まず、全体がダークな色合いで彩られているという点に大満足。単純なヒーローものというよりも、元来が"ダークな"色合いの作品を好む私故、ここもポイント高し。やはり、イギリス人監督がメガホンを取ったということがいい方向に作用しているのだろうか。クリストファー・ノーラン監督については、前作「インソムニア」を観て、次作が勝負、と思っていただけに、その次作がこうしたアメコミのシリーズものという点に正直驚き、一抹の不安を感じていたのもまた事実。ところがどっこい今でのシリーズの流れをまったく断ち切り、こうした作品に仕上げた彼の力量は、やはり只者ではない。アメリカ人監督、スタッフだったら、同じような作品を撮っても、色合いは異なっていたように思えるな~。

 また、私がこうした大作を鑑賞する上での大きなポイントは、理屈抜きでエンターテインメントしているかどうかということがまず最初にある。そういう意味で、ヒーローが縦横無尽に飛び、駆け巡り、アクションを決めるという点でまずはクリアー。しかも、このブルース・ウェイン、別に何らかの超人的な能力を持ち合わせているのではなく(「KILL BILL Vol.2」でのビルのアメコミについて語るセリフを思い出す)、まさに生身の人間。そんな彼が、様々なアイテムを駆使してヒーローとして活躍するというのがまた痛快だ。
 
 その上でストーリーとキャラクターに入れ込めるかどうかということがその次にくるのだけど、己の中にある"恐れ"の気持ちと"心の闇"を直視し、それを昇華させることで折り合いをつけ、"ダーク・ヒーロー"として立ち上がるというその展開と、その境地に至るまでのスルース・ウェインの心の葛藤が鮮やかに描き出されるという点で、もうこの作品の成功は保証されたといっていいだろう。その点では「スパイダーマン2」でのどうしようもない中途半端振りとはエライ違いだと思う。

 また、個々のキャラクターも魅力溢れるキャラが揃っている。ブルースを決して見放さず、常に彼を陰に日向に支え、時には彼の無軌道振りを諌める執事のアルフレッド(ユーモラスな雰囲気を湛えている姿が好き。マイケル・ケインが思い切りハマっている)、警察の唯一の良心、ゴードン刑事(ブルースの両親が殺害されたときに優しく少年ブルースを慰める姿も印象的だ。でも、ゲイリー・オールドマンの善人役って初めて観たかも(笑)。とはいえ、違和感がないところが凄いんだよな~)、ゴッサムシティに安寧を取り戻そうとひとりで奔走するレイチェル(最近はトム・クルーズとの結婚報道で話題になっているけど、ケイティ・ホームズの実力は、「エイプリルの七面鳥」で実証済み)、その狂気を湛えた瞳にゾクリとするDr.クレイン(キリアン・マーフィーって、こっち方面に方向転換したのか?確かに"二枚目"で売っていくにはキツイけどさ~、ハマりすぎててコワいんですけど(笑))などなど。

 その他にも、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、トム・ウィルキンソン、渡辺謙(出演はわずかながら存在感はたっぷり。でも、"影の同盟"の真の支配者がデュカードだってことは、ぢつは"捨てキャラ"の一種だったりして(汗))などなど、ここまで豪華な俳優陣が脇を固めるというのはスゴイことだ。
 
 そして、今回の一件が片付いた後、次なる敵として"ジョーカー"を示唆して終わるエンディングもグー。この後のバットマンの活躍に思いを馳せてしまう。

 ちなみに、作品の本筋とはまったく無関係ながら、この作品の中で一番感嘆したのがクリスチャン・ベールの肉体。確か「マシニスト」を撮影したのはこの作品の前だったと思うんだけど、あの作品であそこまでガリガリに痩せておいて、こちらではしっかりと筋骨隆々な身体に戻しているという、その役者根性、これが一番スゴイかも(笑)。

2005/07/17 @新宿ピカデリー1
スポンサーサイト
  1. 2005/07/18(月) 14:43:53|
  2. movies(は)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミリオンダラー・ベイビー | ホーム | 0:34>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bone01.blog16.fc2.com/tb.php/28-33d3bce3

mista-bone

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。