Once Bitten,Never Shy~観ないで死ねるか!~

劇場鑑賞作品について言いたい放題。少し毒入り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復讐者に憐れみを

mr.vengeance.jpg

「その衝撃に言葉を失う―」
お楽しみ度 ☆☆☆☆★

 2002年の東京国際映画祭で上映されたものの、その内容のせいか、結局お蔵入りになったかと思われたが、ようやく日の目を見ることになった、「オールド・ボーイ」を間に挟み、現在撮影中の最新作と合わせてパク・チャヌク監督が描く"復讐三部作"の第一部とされるこの作品、確かに暗澹たる気持ちになるその重苦しさ、痛み、哀しみ、苦しみ、そして衝撃と、ラストの目を覆うばかりの救いようのなさ、後味の悪さは「オールド・ボーイ」を凌ぐかもしれない。しかし、とことんまで堕ちていく人間の性を描いた、そこに秘められたとんでもないパワーに脳天をぶち抜かれたような気持ちになり、その感覚は決して嫌いではないというか、むしろ好きだ。もっとも、かなりエグイ残酷描写も含めて、これはかなり好き嫌いが分かれると思うし、間違いなく万人受けしない、観る者を選ぶ作品だと思う。

 話すことも聞くこともできない障害を持つリュ、長い間重い腎臓病を患い、腎臓移植を受けなければ危険な彼の姉のために、臓器密売組織を訪れた彼は、結局全財産を巻き上げられ、その上自身の腎臓まで奪われてしまい、なおかつ働いていた工場までリストラのあおりを受けてクビになってしまう。そんな彼に恋人のヨンミが持ちかける誘拐計画。苦労人の社長社長ドンジンの愛娘ユサンを誘拐し、身代金を奪おうという計画。しかし、誘拐したはいいけれど、彼女を誘拐したことを知ったリュの姉は自殺し、挙句の果てに不慮の事故でユサンを死なせてしまい(溺死したユサンの死に顔の半分を横から湖に浸かった形で映し出すカメラワークが新鮮だ)、そこから始まるドンジンとリュのまさに血で血を洗う復讐劇。

 そこにあるのは憎しみからは憎しみしか生まれないという、憎しみと、そして終わりなき復讐の連鎖。ドンジンはリュとヨンミを追い詰め(ラストシーンで映し出される小分けにしたゴミ袋に背筋が凍り、電気ショックで失禁してしまうヨンミの姿に震えてしまう)、リュは臓器密売組織を見つけ出し(金属バット片手に組織に乗り込むシーンでは、「オールド・ボーイ」の格闘シーンに繋がる一端を垣間見たような気がした。そして、ここで描かれる徹底的に血生臭い暴力描写には、妙な言い方かもしれないが、カタルシスさえ覚えてしまう)、そして最後はドンジンも、ヨンミが所属していた"革命的無政府主義者同盟"の手に落ちる(ここで最初のシーンでヨンミがプリントアウトした"死刑"の文字がリンクするのだ!)。最後には何も残らないという救いようのなさに言葉が出ない。しかし、どうせやるなら中途半端な結末ではなく、ここまで徹底してやってくれた方が、語弊があるかもしれないけれどかえって気持ちがいい。人間は、憎しみの感情が極限に達したとき、ここまで冷酷になれるものなのか。それが人間の本質なのか。そしてその憎しみの気持ちは最後には自分に返ってきて、結局はすべてを破壊し尽くし、何も残らないのだろうか。そういった意味では、とことんまで人間の心の闇の部分を徹底的に抉り出した作品であると言えるだろう。

 それにしても、10キロを超える減量をして、愛娘を失った哀しみから復讐の鬼に転化するドンジンを演じるソン・ガンホの、今までの彼のイメージとは打って変わったシャープで冷酷な表情と胸の内に抱えたどうしようもない哀しみの感情表現は、相変わらず貫禄と、そして存在感十分だし、話すことも聞くこともできないという難しい役柄を、表情と目の動きで演じきったリュを演じるシン・ハギュンの演技力も特筆すべきだと思う。そして、これまた従来のイメージとはガラリと変わった革命主義者のヨンミを演じるペ・ドゥナの違った一面(そして、彼女のファンにはたまらないであろうベッドシーンもあり(笑))も、新たな発見ということでお得感十分だ。でも、何度でも言うけど、決して万人受けしない観る人を選ぶ後味の悪い作品だから、その点を心して観るべきだろうな~(苦笑)。

2005/02/11 @新宿武蔵野館
スポンサーサイト
  1. 2005/07/16(土) 17:57:28|
  2. movies(は)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<君に読む物語 | ホーム | ステップフォード・ワイフ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bone01.blog16.fc2.com/tb.php/3-2c228df1

mista-bone

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。