Once Bitten,Never Shy~観ないで死ねるか!~

劇場鑑賞作品について言いたい放題。少し毒入り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エターナル・サンシャイン

eternal.sunshine.jpg

「"さよなら"の代わりに記憶を消した―」
お楽しみ度 ☆☆☆★

 辛い恋愛の記憶を消してしまえるとしたら―誰しも一度はそのようなことを考えるのかもしれない。この作品は、その気持ちを上手い具合に描き、その記憶を消そうとする過程で辛いことだけではなく、楽しかったことも消されてしまうことに気付き、辛いことも楽しいこともひとつの思い出として昇華させることが大切なのかもと思わせられる。
 
 また、そこは脚本がチャーリー・カウフマンだからして、一筋縄ではいかないのが常。「マルコビッチの穴」よろしく、自らの脳内を駆け巡り、その過去の記憶と対峙してみたり、失われる記憶を崩壊する家として描いてみたり、この辺の描き方も非常にユニーク。

 さらには、仮に記憶を失ったとしても、また同じ人を好きになってしまう人間の感情(脳の作り?)の不思議(ここの単純に纏めるのではないエンディングの構図が上手いと思う)。ここで噛み合っていなかったオープニングと中盤のエピソードとをリンクさせる構成が絶妙だ。

 脚本、物語の構成、登場するキャラクターの人物描写、どれをとっても上手いしそれは賞賛に値する。しかし、最初に書いたようなことがあるにしても、どうもあたしにはこの"忘れる"というキーワードがどうしても受け容れられず、心から楽しむことができなかったのもまた事実だ。

 確かに忘れることができたらそれはそれで楽なのかもしれない。だけど、恋愛にしろ何にしろ、それが辛い思い出だとしても、それが自分に辿った道、いわば"生きた証"。それを簡単に忘れて、リセットして生きるなんて、あたしには絶対にできない。じゃあ、今まで自分が生きてきたことは何だったんだ?ってなると思うんだよね~。そうではなく、そういった過去にしっかりと向き合い、それを受け止めた上で前へと進んでいきたいと思っている。

 ま、そりゃ確かに自然に忘れてしまうこともあるし、すべてを忘れないようにしたら、脳の許容量を超えてパンクしてしまうかもしれないし、思い出って、ともすると自分の都合のいいように美化されてしまうという傾向もあるけど、それでもやっぱり自ら進んで忘れようとすることなんてできない。そういう意味で、やっぱり"忘却"というキーワードは切ないなと。

 ちなみに、クレメンタインを演じるケイト・ウィンスレットの溌剌とした魅力が全開なのが嬉しかった反面、やっぱりブサイクで性格も悪いってサイアクだよな~とキルスティン"雑巾顔"ダンストを観て思ったのでした(爆)。

2005/03/26 @新宿ピカデリー1
スポンサーサイト
  1. 2005/07/18(月) 21:27:54|
  2. movies(あ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<メタリカ:真実の瞬間 | ホーム | ロング・エンゲージメント>>

コメント

お邪魔します。

わぁい。ぼぉんさんのブログだー♪
「観ないで死ねるか」と「言わずに死ねるか」ブログになさったんですね。
どっちもカッコよくって、さすがだなぁ。

うふふ、少し毒がはいっているくらいが美味しいのです(笑)
そうですね、忘れるというのは、結局は辛いことですよね。
そして、ケイトさんをはじめて魅力的だと思ったガオです(コラ 笑)
  1. 2005/07/21(木) 12:15:13 |
  2. URL |
  3. ガオ #tHX44QXM
  4. [ 編集]

いらっしゃいませ~♪

☆ガオさん☆

ども、ご無沙汰してます♪

色々考えて、管理のしやすさ、使い勝手の良さでブログにしてみました。モチロン、どこまでできるか分かりませんが、またヨロシクです。

で、ブログにしても、毒入りレビューなのは相変わらずだったりするのですが(爆)。

この作品って、"観られる"ラブストーリーだとは思うんですよ。脚本なんかはほぼ完璧。でも、どうしても"忘却"というキーワードに引っかかってしまって・・・。でも、そうやって心の襞がチクリと痛む切なさを覚えさせるというある種の感情移入をさせてしまうということは、それだけ作品世界に引きずり込まれていたということも言えるわけで、そういう意味ではもの凄いパワーを持った作品なのかもな~と、レビューを書きながら思ったりもしました。

で、ガオさん、これでケイト嬢を初めて魅力的だと思ったのですね(笑)。ま、あたしも彼女を魅力的だと思ったのは「アイリス」からなので、似たようなものかも(笑)。それまでは、某作品の影響もあって、「ケッ!」ってもんでしたから(汗爆)。
  1. 2005/07/22(金) 21:40:16 |
  2. URL |
  3. mista-bone #8/MAAvuo
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bone01.blog16.fc2.com/tb.php/31-22bd496c

mista-bone

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。