Once Bitten,Never Shy~観ないで死ねるか!~

劇場鑑賞作品について言いたい放題。少し毒入り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メタリカ:真実の瞬間

metallica.jpg

「ライヴより熱い!感動のヒューマン・ドキュメンタリー!!」
お楽しみ度 ☆☆☆☆★

 現在のロック・シーンにおいて、"ロック・ファン"を自称する者で、その楽曲は聴いたことがなくとも、METALLICAの名前を知らない者はいないだろうと思えるほど、"ロック・モンスター"と化してしまった彼ら。まさか、彼らのデビュー当時にここまでの存在となると予測した人はいないだろうな~。ま、そういう私自身も、彼らのデビュー当時は「なんだこりゃ!?」と思ってた口だし、そもそもが自分の嗜好と異なる音楽性だったから、少しずつ人気を博していっても、割と傍観者的な立場で見ていたような気がする。結局傑作アルバム「MASTER OF PUPPETS」の凄さを分かったのだって、90年代に入ってからだったしね。その割には、凄みを分かった途端に1st、2ndアルバムを聴いて、1991年のカウントダウンライヴでは一心不乱に「die~!die~!」って叫んでたりするのだけど(爆)。

 そんな彼らが「RELOAD」に続くニューアルバム「St.ANGER」のレコーディング風景をドキュメンタリー・フィルムにしようと撮影開始したものの、これがもう彼らの意図した方向とは大幅にズレてしまった生身の人間臭い、バンドの内幕モノのドキュメンタリー・フィルムになったというのがこの作品。確かに「St.ANGER」発表時のインタビュー記事でもレコーディング過程でバンドの状況がかなり危機的状況だったということがメンバーの口から語られていたような気がするが、まさかここまで生々しいものだったとはね~。モチロン、我々観客側は、無事に「St.ANGER」が発表されたこと、そしてそれが「LOAD」、「RELOAD」に不満だったファンからも大いに好意的に迎えられて成功を収めて、METALLICAは今でも健在、ということを知っているのだから、ハッピーエンドを迎えるというその結末を知っているわけで、そうすると、結構野次馬根性丸出しでこの作品を観ることができるのかもしれない。しかも、あたしの場合は、決して彼らの熱心なファンじゃないしね(爆)。

 ここでは、現在のメンバーだけでなく、過去のメンバーたちのコメントも挿入される。セラピストを同席させての撮影に、「こんなビッグなバンドにセラピストなんて、信じられない!」ってバンドを飛び出すジェイソン・ニューステッド。彼の気持ちも分からなくはないが、この胡散臭い(笑)セラピストのフィルがいたがためにバンド・メンバーの心情が吐露され、葛藤が明らかにされ、それが緊張を生み、ぶつかり合い、その一方で相互理解に向かうという側面もあったような気がする(とはいえ、プロデューサーのボブ・ロックの「ご高説はもっともだが、鼻につく!」という言葉は小気味いい)。

 その一方で、ジェームズ・ヘットフィールドは途中でアルコールのリハビリ施設に入っちゃって離脱しちゃうし、戻ってきても当面は12時から4時までのパートタイムね、っていうのにまた彼自身イライラを募らせたり、いつもは一歩引いた形でバンドの潤滑油的な役割を果たしているカーク・ハメットなんかも、ラーズ・ウルリッヒの「ギター・ソロなんて要らない。」発言には珍しく語気を荒げてキレ気味だったり、ラーズがジェームズの鼻先で「Fuck you!」って叫んでみたり、ホント、結末は分かっているとはいえ、なんとも生々しく、あ~、ビッグになったバンドを上手くハンドルしていくのって難しいんだよな~と思わず嘆息。しかし、彼らの本音がバシバシ繰り出されるところに人間ドラマとしての面白さがある。

 そんな中で、ラーズとデイヴ・ムステインの会見シーンには、なんとも胸が突かれる思いも。今まで強気の態度を売りにしていると思っていたムステインの口から、まさかあんなセリフが出てくるとは思いもしなかった。彼も彼なりに思うところがあるのね(はたして、ムステインは、このシーンが公開されることをよしとしたのだろうか?)。

 そして、そんなバンド内での緊張関係が続く中で、ジェイソンの後任としてメンバーとなったロバート・トゥルージロの、後任となることが決定したときの満面の笑みに救われる気もする。

 こうして、紆余曲折を経て完成した「St.ANGER」、そもそもこの作品のレコーディング風景のドキュメンタリーだったはずなので、当然の如く局所に挿入されるこのアルバムの楽曲たち。このような経過を経て完成したアルバムということにスポットを当てると、映画鑑賞後このアルバムを聴きたい気にさせられるのもまた事実。でも、よく考えたらあたしこのアルバム持ってないや・・・(汗爆)。買いに行かなきゃ。いずれにしても、2時間20分を長いと思わせずに一気に駆け抜けるテンションとパワー。いやはや、参りました。

2005/08/12 @シネクイント
スポンサーサイト
  1. 2005/08/14(日) 19:22:18|
  2. movies(ま)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リンダ リンダ リンダ | ホーム | エターナル・サンシャイン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bone01.blog16.fc2.com/tb.php/32-09639038

mista-bone

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。