Once Bitten,Never Shy~観ないで死ねるか!~

劇場鑑賞作品について言いたい放題。少し毒入り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

妖怪大戦争

youkai.jpg

「愛と平和の大冒険ファンタジー!」
お楽しみ度 ☆☆☆★

 "妖怪大戦争"というよりも、"妖怪祭り"だな、こりゃ(笑)。よし姐にタダ券もらったので当初予定になかったけど行ってきました。妖怪大挙出演といっても、ぶっちゃけ、夏休みのお子様向けファミリー映画に分類されるんだろうな~。主演が"天才子役"の神木隆之介クンだし。実際、家族連れとか小学生のグループが結構来てたし。

 でも、"妖怪の里"鳥取でロケハンやるのは本格的だし、原作が荒俣宏、監督が三池崇史。しかもこれに水木しげる、宮部みゆき、京極夏彦(しっかり出演もしてた。これに大沢在昌まで出演してたから、"大極宮"そろい踏みでしたな)なんかがプロデュース・チーム「怪」を結成して関わっていると聞けば、お子様だけのモノにしておくのは勿体無い(笑)。
 
 まあ、ストーリー的には↑で"お子様向け"って書いたとおり、特に深いものではないんだけど、その割には栗山千明のアギや高橋真唯の川姫の太ももスリスリ(笑)なんて妙にお色気モードなんかもあったりして(笑)。とどのつまり、ストーリーがどうのというよりも、よくもまあここまで集めました的な超豪華キャストの共演を楽しむというのがこの作品の醍醐味なんだと思う。

 その豪華キャストだけど、後からキャストを確認したら、あんな人やこんな人とか、え、あの人がこの役だったの!?(だって、特殊メイクで素顔なんて分かんないんだもん)みたいな驚きもあったりして、そういう意味ではかなり楽しめた。竹中直人の油すましはほぼ素顔(笑)だし、阿部サダヲの河童はなんとなく分かったけど、近藤正臣の猩猩、遠藤憲一の大天狗、ナイナイの岡村の小豆洗い、田口浩正の一本だたらなんかは言われないと分かんないよ。あとは忌野清志郎のぬらりひょん、これもある意味強烈(笑)。声の感じでなんとなく分かったけど。素顔といえば、雨上がり決死隊の蛍原の豆腐小僧、ほとんど素顔のこれが一番インパクトあったりして(爆)。

 そして、ストーリーはどうでもいいといいつつ、あのラストのオチには腰が抜けたというか、大爆笑(謎笑)。だから、小豆なのね♪また、大人になったら妖怪は見えなくなるというとおり、大人になったタダシの目には脛こすりの姿が見えなくなるというのがチョッピリ切なかったりして。

 でもさ~、せっかく荒俣宏原作のこの手の作品なんだから、加藤はトヨエツではなくて嶋田久作に演じてもらいたかったんですけど・・・。それが残念(って、なんでやねん!)。

2005/08/20 @新宿ジョイシネマ2
スポンサーサイト
  1. 2005/08/21(日) 19:25:29|
  2. movies(や~わ)
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2
<<霊~リョン~ | ホーム | リンダ リンダ リンダ>>

コメント

キャストが最高でした!

boneさん、こんばんは!

今日はこちらにカキカキ致します~♪
いやー、boneさんがこの映画を観るとは意外でした。笑
いえね、、ワタシは以前TVでオリジナルを観て激しく受けたので、この映画は絶対観ようと思っておりました。エヘヘ
この映画の面白さって、ストーリー云々より、「あの人がこんな役を!」というオドロキですよね。それに皆さん嬉々として演じているのがまた良いです!!
ワタシは、遠藤憲一、ナイナイの岡村、忌野清志郎さんが言われてみなければ分からなかったです。

あ、そうそう、ワタシも最初は加藤は嶋田久作さんの方が良いのに、、と思ったのですが、アギをよろめかせるのにはやはりトヨエツの男の色気かな、、なんて思ったのでした。うふふ
  1. 2005/08/24(水) 00:42:06 |
  2. URL |
  3. Puff #kuX..F9k
  4. [ 編集]

確かに・・・

☆Puffさん☆

フフフ、どうしようか迷ったのですが、友だちからもらったタダ券が、この作品と、「マダガスカル」、「亡国のイージス」のうちのどれかひとつを観られるというものだったので、迷わずこちらに(笑)。まあ、三池監督作品だったというのも大きいんですけどね。

それで、これってオリジナルがあったのですか!いや~、知りませんでした。オリジナルはまさかここまで"妖怪祭り"度は高くないですよね?(笑)

でも、ホントにキャストが豪華というか、それを楽しむのがまさに醍醐味、演じている役者さんたちも、若手からベテランまで、よくこの仕事受けたよな~って思ったりして。やっぱり妖怪というのは日本人の心を擽る何かがあるのかもしれませんね。

それでトヨエツ。やっぱりPuffさんもそう思われましたか。でも、仰るように、嶋田久作の加藤ぢゃアギはなびかないかも(爆)。
  1. 2005/08/27(土) 18:49:13 |
  2. URL |
  3. mista-bone #8/MAAvuo
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bone01.blog16.fc2.com/tb.php/34-4b575701

妖怪大戦争 

●妖怪大戦争をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 両親の離婚で、東京から母の故郷、鳥取
  1. 2005/08/21(日) 21:59:55 |
  2. Blog・キネマ文化論

妖怪大戦争舞台挨拶@丸の内ピカデリー2

8/6『妖怪大戦争』の舞台挨拶に行ってきたぁ  サンスポ、日刊以前書いた通り(ココ参照)σ(●゜∇゜●)は神木くんと共演したことがあるのだぁ(笑)9:30に銀座に到着。地上に出ると(~Q~;) あっち~劇場入口で、大入袋と鳥取県の観光ガイド&マスコットの「トリピ....
  1. 2005/08/24(水) 10:14:24 |
  2. |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2005/08/24(水) 10:17:45 |

mista-bone

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。