Once Bitten,Never Shy~観ないで死ねるか!~

劇場鑑賞作品について言いたい放題。少し毒入り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

容疑者 室井慎次

muroi.jpg

「He's black?」
お楽しみ度 ☆☆☆☆

 「踊る大走査線」のスピンオフ企画第二弾は、室井管理官を主役に据えた、同じくスピンオフ企画第一弾の「交渉人 真下正義」の軽さとはガラリと雰囲気の違うシリアスな内容だ。オープニングでいきなり拘置所内の室井の姿が登場するという点からも、本家の「踊る大走査線」シリーズとはやや趣をことにしている、ある意味異色の作品と言っていいのではないだろうか。あくまでも観ていて"楽しさ"のみを求めた場合はややキツイ部分もあるのではないかと思うものの、そういった理屈云々は抜きにして、従来のお馴染みの顔ぶれや、その他の今回の作品に集まった豪華出演陣の共演を楽しむという視点に立てば、十分楽しむことはできるだろう。

 今回は室井が主役だけに、室井が刑事告訴されたことを切っ掛けにして噴出する警察組織内部(警察庁と警視庁)のパワー・ゲーム。いかにも官僚的なその組織構造なんかがクローズ・アップされているのも、警察組織の中心にいる室井だからこそ。相変わらずかなり誇張されているとはいえ、そもそもこの「踊る~」シリーズは、そういった警察のお役所体質を面白可笑しく描こうとしている側面もあるわけで、いかにも、といった感じだ。

 また、今回は今まで自らのことをほとんど語らなかった室井自身が、自らの学生時代の過去についてその心情を訥々と語る、彼の人間臭さが意外というか、新鮮だったりして、ドンドン追い込まれてドツボにハマっていく彼が苦悩する姿、彼の過去のことを触れられた途端に逆上して感情を露にする姿も含めてその内面を描き出しているいうのが非常に興味深かった。従来の正義を貫こうとするカッコよさだけでなく、そういった内面を押し出すことで、またキャラクターに深みを与えることも可能なわけで。その点では成功を収めたといっていいだろう。
 
 さらに、シリアス一辺倒ではなく、拘置所に面会に来た"スリー・アミーゴズ"の掛け合いが、この作品中唯一の笑いをもたらしてくれる。さりげなく真下と雪乃の結婚式の話題を出したり、青島の言葉を代弁したり、和久さんの名前を出したり(ここはなんか哀しかったな~)、その上でいつものノリ。ハッキリ言えばあのシーンだけが浮いているんだけど(苦笑)、それでも"緊張と緩和"というか、やっぱり彼らなくしては「踊る~」シリーズは成り立たないというのがよく分かった。

 それにしても、沖田と新城が完全に毒を抜かれたというか、沖田なんて「踊る大走査線 THE MOVIE2」ではあんなに嫌われキャラだったのに、室井のために奔走したり(あのときの失敗を室井がカバーしてくれたという借りがあるからなんだが)、新城なんかも「彼を切るときは自分の手で。」な~んて言っておきながら、最後は「室井さんは警察に必要な人なんだ。」なんて言ってみたり、室井の影響力恐るべし、結局みんないい人になってるじゃん、みたいなツッコミを入れたくなったぞ(笑)。

 しかし、確かに理屈を抜いた部分では楽しめたもまた事実ではあるものの、この作品における事件そのもののプロットがあまりにも粗すぎるし(ハッキリ言うとお粗末)、結局最後は無理矢理時間内に押し込みました的な結末だったという点、そしてただ単に取って付けたように刑法犯罪等の名称を連呼してるだけの弁護士連中といった点には、この作品を"サスペンス"という視点から観ると決して及第点は与えられない。それと、室井を追い詰める弁護士の灰島についても、東大出でいつもゲーム片手にピコピコやってる訴訟パラノイアって、この手のキャラとしてはあまりにも類型的なキャラクター描写にも大いに不満が残る。ここはむしろ、吹越満が演じた篠田のような弁護士が表に立つべきではなかろうか。大体にして、ここまでのし上がってきたようなやり手の弁護士だったら、あの最後の取調べシーンで逆上なんかしないし、ああやって思わずポロリと室井に取引を持ちかけたことなんかを漏らすはずもない。従来の「踊る~」シリーズのような軽いタッチの作品ならまだしも、こういうシリアスな作品であれば、ああいうオチはないんじゃないの!?室井を主役に据えて、この方向性で行くと決めたのであれば、そうした細かい点ももっと詰めていかないといかんでしょ。あと、今回の事件の発端となった死亡した巡査、確かにその行状は"真っ白"ではなかったものの、殺人事件については"白"だったわけで、その点についても最後はまったく触れられずに蔑ろにされてしまったような気がして、非常に中途半端な印象を受けてしまった。

 な~んて、理屈抜きでなら楽しめるんだけど、サスペンス好きとしては、思わず理屈をこねてしまいたくなりましたな(苦笑)。

 ところで、本編とは全然関係ないけど、今回室井のアップが多々出てくるのをよ~く見ると、ギバちゃんの頭に白いものが混じってるのが分かります。あ~、なんか年取ったのね。というか、気苦労の跡かしら(汗)。それと、こっちは本編の話だけど、大雪でせっかく飛行機が遅れたのだから、あの場でお弁当を広げて食べてもらいたかったな~(笑)。

2005/08/27 @TOHOシネマズ府中
スポンサーサイト
  1. 2005/08/28(日) 17:55:15|
  2. movies(や~わ)
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
<<ランド・オブ・ザ・デッド | ホーム | 霊~リョン~>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bone01.blog16.fc2.com/tb.php/36-99680f60

容疑者 室井慎次

■室井慎次  インタヴューで、『シーン毎に頭の中で別の主役を立てていた。  そのシーンの中の共演者の中から勝手に主役を選んで、その人が  主役だと思い込む』というのがあるが、まさにその通りになっていて、  いろんな人が関わっていての“室井”なのはわかるが
  1. 2005/08/28(日) 21:19:38 |
  2. うぞきあ の場

「容疑者 室井慎次」舞台挨拶@日劇2

「容疑者 室井慎次」の舞台挨拶に行って来た。朝8:10からだったから6時前に起きて諸事情により(笑)浴衣を着て突撃サンスポ、報知本編の感想は置いといて、まずは舞台挨拶の模様を。。。※注:話を聴きながらのメモには限界があるので多少てきとーに編集してます(爆)
  1. 2005/09/08(木) 14:08:41 |
  2. |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο

『容疑者 室井慎次』

http://bone01.blog16.fc2.com/tb.php/36-99680f60      公開2日目の早朝、8:45の回で『容疑者 室井慎次 』を観てきました♪STORY2005年2月某日、警視庁・室井管理官(柳葉敏郎)が、自らが指揮をとった殺人事件の捜査の責任をとらされ、逮捕されてしまう
  1. 2005/09/11(日) 20:50:08 |
  2. 今日も映画、明日も映画♪

mista-bone

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。