Once Bitten,Never Shy~観ないで死ねるか!~

劇場鑑賞作品について言いたい放題。少し毒入り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ランド・オブ・ザ・デッド

dead.jpg

「これが最後。これが究極の"ゾンビ"!!」
お楽しみ度 ☆☆☆☆

 ゾンビ映画ってほとんど観ないあたしだけど、ジョージ・A・ロメロ監督といえば、ゾンビ映画のパイオニア、ということくらいは知っている。そんなロメロ監督がゾンビ映画の最終形とも言うべき作品を撮ったときけば、これはゾンビ映画のファンでなくとも興味をそそられる。この作品を観た日は、その前に「容疑者 室井慎次」を観たのだけど、それぞれの劇場における人口密度はほぼ同じ、というか、下手するとこっちの方が高かったかも(笑)。郊外のシネコンでも集客力があるのだから、都心では大変なことになってたりして(笑)。

 ストーリーは、何故ゾンビが、なんていう前置きはなしで、いきなりゾンビが溢れ出る。もうここは細かい理屈は抜き。スクリーン一杯に溢れるゾンビたち。しかも、シネコンのデカいスクリーンなモノだから、かなりキてたね~(笑)。そこから始まるゾンビvs人間のバトル、そしてそこに挿入される金持ちが集う要塞都市のタワーの中で安穏と暮らす、街を牛耳るカウフマンvsその傭兵チョロという、人間同士の争い。そこのは持つ者と持たざる者との対比が描かれている。

 しかし、やはりこの作品の肝は人間vsゾンビの限りなき戦いだろう。人間を喰らい、ノロノロと歩き回るゾンビたち。ドンドン増殖していくものの、最初はやられっぱなしだったゾンビたちが、学習するがごとく進化を遂げて、銃の扱いを含めて物事に適応していく様は圧巻。タワーを囲む川を渡って街中へ入り込むことなどできないと思われていた彼らが、川に飛び込んで川を渡るシーンで空中から描かれる多数のゾンビの群れは、「妖怪大戦争」の妖怪120万匹に匹敵、いや、あちらはCGだった分、こっちの方がリアルでもの凄いインパクトだった(笑)。ゾンビを殺らなければこっちが殺られてしまうわけで、とにかくひたすら倒すしかない、そのエンドレスなバトルの展開に息を呑む。ある意味こうした奇を衒うことなく正統的な(?)ゾンビ映画だからこそ、デニス・ホッパーのようなベテランや、アーシア・アルジェントやジョン・レグイザモのような個性派俳優たちも参加をするのだろう。

 ↑で"限りなき戦い"と書いたけど、ラストでひとまず戦い済んで日が暮れて、街から脱出して北へ向かうライリーたちと行き場を求めて彷徨うゾンビたち。彼らがまたどこかで交わることがあるのか、また、街に残った連中とゾンビたちがまた一戦交えるのか、興味が尽きない。

2005/08/27 @TOHOシネマズ府中
スポンサーサイト
  1. 2005/08/28(日) 21:59:53|
  2. movies(や~わ)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<シン・シティ | ホーム | 容疑者 室井慎次>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bone01.blog16.fc2.com/tb.php/37-a7e8d50d

さよなら人類

ロメロ大先生の「ランド・オブ・ザ・デッド」観て来ました!!今回は500%ゾンビ側に感情移入するように作られてます。金持ちは安全なタワーで以前と変わらず贅沢三昧、逆にゾンビ達が社会的弱者に見える。その中に一人知能(感情)の芽生えたゾンビ、ビッグ・ダディが出現します
  1. 2005/08/29(月) 09:37:11 |
  2. 宇宙のめいぐると

mista-bone

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。