Once Bitten,Never Shy~観ないで死ねるか!~

劇場鑑賞作品について言いたい放題。少し毒入り。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

乱歩地獄

ranpo.jpg

「夜にも美しいスウィートな地獄」
お楽しみ度 ☆☆☆

 ずいぶん前に知り合いの女優さんからこの作品に出るということを聞かされていて、しかもそれが実相寺昭雄監督がメガホンを取る「鏡地獄」だということで、公開を楽しみにしていた。

 作品の構成は映像化するのが難しいといわれた江戸川乱歩の作品をオムニバス形式で4本。どれもエロチックな雰囲気を漂わせつつ、"愛"(究極の愛と言っていいのかどうかは分からないけど)が描かれている。

 正直1本目の「火星の運河」はよく分からなかったので(汗)飛ばすとして、2本目の知り合いの女優さんが出演している「鏡地獄」が一番分かりやすかったかな。

 鏡の魔性に見入られ、関わった女性を次々と殺していく美青年(成宮クン、「ごくせん」に出ていたときからかなり成長したよね~)と、その彼の罪を暴こうとする名探偵明智小五郎。鏡が嫉妬するから女性たちを手にかけるって、そこにあるのは紛れもなくゾクリとする狂気。

 因みに彼女の出番は少しだけだよ、ということで、事前にどのあたりに出ているのか確認してからの鑑賞と相成ったのだけど、あれなら言われなくてもしっかりと分かりましたよ。鏡がテーマだけに鏡越しに喋る彼女、確かにいつもの彼女と雰囲気は違うけど、彼女の友だちが言ったという"アンニュイ"だったかどうかは、"?"でしたな(笑)。でも、セリフも結構あったし、エンド・クレジットにもしっかりと名前がクレジットされていた。それにしても、成宮クンに縛られて蝋燭垂らされいたぶられる役ぢゃなくてよかったよ(汗)。

 最初の「火星の運河」を始めとして他の3本が些か分かりづらい作品だっただけに、実相寺昭雄監督のこの作品の分かりやすさが光りましたな。でも、クレジットされていた市川実日子がどこに出ているのか分からなかったのだけど、ナルホド、明智の妻がそうだったのね。

 3本目の「芋虫」は、松田龍平のこれまた色香漂う歪んだ愛を描きつつ、大森南朋の、特殊メイクと両手両足がない、まさに芋虫のごとき造形美(?)がよくぞここまでという意味で一番印象深かった。ちなみに、韓英恵は、あれ小林少年ですか?

 ラストの「蟲」は、女優に一方的な思いを寄せるストーカー・タッチの浅野忠信を、一瞬前2作同様明智センセだと思ってしまったぞ(汗)。思いを寄せる女性を手に入れるために起こした行動、そこにあるのもまた狂気と言っていいだろう。それにしても、緒川たまきもよくぞここまで"汚れ"に近いことをやってくれました。この人の女優魂も尊敬。

 とまあ、全編通して配役の妙というか、よくあそこまでやるよな~というのがスゴク面白かった。でも、作品としては、良くも悪くもグロテスクというか観ていて疲れたというのが正直なところかも(苦笑)。

2005/11/12@シネセゾン渋谷
スポンサーサイト
  1. 2005/11/14(月) 20:51:07|
  2. movies(や~わ)
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<SAW 2 | ホーム | シン・シティ>>

コメント

レヴューお待ちしておりました!

boneさーん、こんばんはぁ
わーーい♪
レヴューUPされるのを待っておりましたよ。
「乱歩地獄」はワタシの周りで観ている人が居ないんですよね・・・フ・・・

「火星の運河」
ワタシもイマイチ意味が分かりませんでした。笑
「鏡地獄」
お知り合いの方が出演されてたのですね、、どの人だったんだろう??
4作品の中では一番ストーリーがハッキリしてましたね。
鏡の使い方が上手かったです、、鎌倉の雰囲気とか日本らしさをびしびし感じて、この作品が一番映像的には好きかもです。
「芋虫」
す、凄い作品でしたね・・・ガタガタブルブル
「蟲」
最初ね、何故浅野さんがチラシであんなに笑っているんだろう?と不思議だったのですー
何だか作り笑いみたいだし、普段彼ってあまり笑いませんよね。
・・・でも、何故だか分かりました。笑
トロピカル風の景色が妙に違和感ありましたね。

どの作品も原作をかなりアレンジしてありましたね。
boneさんはどれが一番お好きですか?
ワタシ的にはやはり「鏡地獄」かな。
観た後は、頭がくらくらするほど濃厚な映画でござりました~♪

※トラックバック、OPENにしたのでさせて貰いました♪
  1. 2005/11/15(火) 21:46:21 |
  2. URL |
  3. Puff #kuX..F9k
  4. [ 編集]

お待たせしました~

☆Puffさん☆

レビュー楽しみにしていてくださってありがとうございます。確かに私が鑑賞したときも日曜日でしたけどそれほど混雑はしていませんでした。キャストはある意味豪華ですけど、内容的にアピールするものではないのかもしれませんね。今どきの若者に江戸川乱歩と言っても通じないかも(汗)。なんたって、今日うちの会社の女のコと話をしていたら、横溝正史や八ツ墓村、獄門島と言っても通じなくて、辛うじて金田一幸助で、「あ、じっちゃんの名にかけての人ですよね~♪」って体たらくですから(苦笑)。

それはさておき、私もあの分かりやすさで「鏡地獄」が一番好きです。仰るとおり、鏡の使い方も含めて、さすがは実相寺監督だなと思いました。

因みに私の知り合いの女優さんですが、2番目の殺人事件の第一発見者の大家さんの役で出ていました。鏡を磨きながら、事件当夜の様子や、成宮クンのお店の名前について喋っていました。

それから、「蟲」の浅野さん、確かに彼のあの笑み、珍しいし、チョット不気味かも(笑)。
  1. 2005/11/16(水) 21:34:42 |
  2. URL |
  3. mista-bone #8/MAAvuo
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bone01.blog16.fc2.com/tb.php/39-6cdbefb9

「乱歩地獄」

公式サイトレヴューシネセゾン渋谷、公開4日目初回です。20分前に着いて6番目、全体的に2割弱の入場者数でした。す、少ない・・・・・怪奇と幻想の巨匠、江戸川乱歩の世界を4人の監督によって映画化したオムニバス映画です。尚、4作品共に今回が初...
  1. 2005/11/15(火) 21:30:34 |
  2. Puff's Cinema Cafe Diary

mista-bone

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。